Top > 止水プラグ下水道カメラとは

止水プラグ下水道カメラとは

止水プラグ下水道カメラとは一覧

止水プラグ下水道カメラとは

バチャルウォタとは、食料などを輸入している国が、それを自分の国で生産すると仮定した場合の水量のことです。1990年代にロンドン大学のアラン教授が唱え始めた概念で、「食糧などの輸入は、水を輸入しているのと同じ」という考え方です。 場所の特定が困難であることから「ノンポイント汚染」と呼ばれています。こ

止水プラグ下水道カメラとはの続きを読む>

カテゴリー
更新履歴
止水プラグ下水道カメラとは(2015年12月16日)